正直なのはいいけれど時には口が災いのもとにもなる!

周囲から正直で、直球タイプだといわれたことはありませんか?

そんなあなたは知らず知らずのうちに周囲を傷つけてしまっている可能性があります。

 

時には相手を気遣い、自分の気持ちを伝えるよりも相手の意見気持ちを聞いてあげませんか?

 

自分の気持ちを直球で伝えることも正直でいいのですが、たまには変化球で相手の気持ちにそった対応も相手はあなたにもっと感謝の意を表するかもしれません。

 

自分の気持ちだけを周囲に押し付けると、時に口は災いのもとになってしまいます。

 

周囲も行き詰まりあなたから離れてしまうかもしれず、さじ加減は決して簡単ではないですが、口が災い元となる前に、そんな八方ふさがりの状態になる前に、自分の対応を見直す勇気も大切ですね。

 

そうすることで自分から少なくとも事態の悪化を招くことはせずに、良くなる方向、好転していく環境を導いていくことができますね。